4Kで快適なグラボ「ASUS TUF-RTX3080-O10G-GAMING」

PC関連

2020年10月。RTX3080搭載のグラフィックボードASUS TUF-RTX3080-O10G-GAMINGを購入した話。


それまではRTX2080Tiを使っていた

それまで使っていたグラボは「MSI GeForce RTX 2080 Ti GAMING X TRIO

2019年1月に4Kディスプレイを導入したタイミングでグラボも4Kに耐えれそうなRTX2080Tiに更新した。

ゲームのために4K環境を構築した話
ゲームのために4K環境を構築した話をするよ。

RTX2080Tiは4K解像度でも大体のゲームは出来て不満はなかったのだが、リアルタイムレイトレーシング(以下レイトレ)をONにするとフレームレートが半減するのは気になっていた。

といってもレイトレに対応したゲームはまだ少なかったし、次の世代のGPUではレイトレ性能も改善し対応ゲームも増えるかなと思っていた。

RTX3080が出たので買い替え

2020年9月、RTX30シリーズ(RTX3090、RTX3080、RTX3070)が発表。RTX3090とRTX3080は9月に発売。

発売直前に解禁されたRTX3080のベンチマークによればRTX2080Tiよりも30%も性能が良くなっているのに値段は11万円くらいとのこと。(RTX2080Tiは18万円もした・・)
最上位のRTX3090は更に高性能だが20万円以上するので流石に手が出しにくいので、RTX3080を購入することにした。

RTX3080は2020年9月17日に発売されたが、発売当初は人気で入手困難だった。色んなショップのサイトに張り付いてどうにか10月5日に入手。

「ASUS TUF-RTX3080-O10G-GAMING」、何故これにしたかと言うと見た目が気に入ったのと評判も良さそうだったため。

RTX3080を買うために調べた販売サイトはこちらのページにまとめた。

RTX3090/RTX3080/RTX3070/RTX3060Tiが買えるサイトまとめ
NvidiaのRTX30シリーズ(RTX3090/RTX3080/RTX3070/RTX3060Ti)を搭載したグラフィックボードが掲載されている販売サイトをまとめてみた。随時更新。

ベンチマーク

CPUを6700Kから10700Kにした時のGPUベンチをTwitterに載せていたのでそれを貼りつけておく。
RTX2080Tiのベンチはこのあたりが参考になるかな。

3DMark – Time Spy 総合スコア

Time SpyはWQHD解像度でのテスト。CPU性能にも依存するベンチなのでCPUでだいぶ差がある。RTX2080Tiだと12000くらい。

3DMark – Fire Strike 総合スコア

Fire StrikeはフルHDのGPUのベンチ。解像度が低いほどCPUが影響するので10700Kで良くなっている。RTX2080Tiだと25000くらい。

FF14ベンチ 漆黒のヴィランズ

4KだとCPUの差はそこまで出ない。RTX2080Tiだと11000くらい。

FF15ベンチ

RTX2080Tiで4Kだと5900くらい。

ゴーストリコン ブレイクポイント

6700Kで測定。4K最高設定で、最低59fps、平均78fpsなので余裕で動作する。

ウォッチドッグス レギオン

レイトレOnにするとかなり重くなるので、DLSSを有効にしてどうにか50〜60fpsを保てるかどうかというところ。

アサシン クリード ヴァルハラ

新しめなゲームでレイトレもDLSS設定もない。結構重くて最高設定だとなんとか平均50fpsくらい。このゲームはNvidiaよりAMDに最適化されてる雰囲気。

RTX3080のグラボを使ってみた感想、まとめ

実際使ってみた感じは、大体のゲームで4Kで最高設定にしても60fpsいくし最新の重いゲームでも50fps以上出るので満足している。
レイトレ対応ゲームはOnにするとかなり重くなるが、DLSSを有効にすれば問題ない感じ。
今から4KでPCゲームやりたい人はRTX3080以上を選んでおけば間違いないと思う。

本当は上位のROG STRIXが欲しかったのだけど、当時は未発売でいつ出るかわからなかったのでTUFにした。

予算に余裕あるならRTX3080より上位のRTX3090を選ぼう。

リアルタイムレイトレーシングを使わないなら、AMDのRadeon RX6000シリーズも検討してもいいかも。レイトレ使用時の速度こそGeForce RTX30シリーズに及ばないが、レイトレを使わないならコスパは高い。

Radeon RX6800/RX6800XT/RX6900XTを売ってるサイトまとめ
AMDのRadeon RX6000シリーズ(RX6800/RX6800XT/RX6900XT)を搭載したグラフィックボードが掲載されている販売サイトをまとめてみた。随時更新。

RTX3080を買った後にゲームPCを更新した話はこちらに書いた。

ゲームPCを更新。初めての簡易水冷。10700Kなど。
2020年10月。グラボをRTX3080に更新したついでに5年ぶりにゲームPCの中身を更新してみた。

コメント