マザーボードのBIOSアップデートに失敗したけど復旧させた話


マザーボード(MSI Z170A KRAIT GAMING)のBIOSアップデートに失敗したけどなんとか復旧させた話。


Live Update 6というツールよりWindows 10上からBIOSアップデートを試みたところ、何故かBIOSアップデート途中っぽいのにもかかわらずOSが再起動し始めてしまい、その後画面に何も映らなくなってしまった・・。BIOSアップデート失敗した模様。(OSからBIOSアップデートは危険なの注意)

これをどうやって復旧させたかというと、MSIのマザーボードなんかにはJSPI1というピンヘッダがあって、自作ケーブルで別なPCのパラレルポートに接続して直接ROMを書き換えるという方法があるらしいので試してみたところ、なんとか成功。

参考サイト
http://minkara.carview.co.jp/userid/430424/blog/31353184/
http://minkara.carview.co.jp/userid/430424/blog/31353780/
http://qpz.at.webry.info/201108/article_4.html
参考になった配線図
http://www.hwlegendshack.com/out.php/i13423_schema-jspi1-new2.png

JSPI1とパラレルポート(D-sub25pin)をケーブルは自作する必要がある。部品は共立エレショップから調達。上記サイトを参照にすれば作れる。
別PCのパラレルポートとJSP1を繋ぎSPIPGMというプログラムを使用してROMにBIOSを書き込むことができる。
詳しくは上記サイトを参照。

注意点
▶テスターを使いちゃんと導通しているか確認。
▶参考にしたサイトでは電源ケーブルをさした状態でROMに通電されるとあったが、結局3Vを単3乾電池2本直列で給電する必要があった。おそらくマザーボードによって異なる。上記の回路図を参考に1ピンを+に7ピンを-に接続。
▶SPIPGMでBIOSの書き込みに失敗する場合もあるのでベリファイが成功するまで何度も試す必要がある。

おわり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。