α7III/α7RIIIの不具合問題についての見解

カメラ機材

一部で話題になっているSONYのデジタル一眼カメラα7III/α7RIIIの不具合問題について書いてみます。(随時更新)


(追記)SONYから公式発表がありました。

レンズ交換式デジタル一眼カメラα7R III「ILCE-7RM3」およびα7 III「ILCE-7M3」をお使いのお客様へソフトウェアアップデートのお知らせ | お知らせ | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー

ーーーー以下抜粋ーーーー

【α7R III および α7 IIIにおいて、繰り返しお使いのSDカードでRAWデータの書き込み中にまれに動作が停止する事象】

この動作停止に伴い、画像を管理しているファイルに異常が発生し、カメラ本体上で画像が表示されなくなる場合があります。動作停止時に書き込み中だったデータを除き、メモリーカード内の撮影データが壊れたり、削除されたりすることはありません。

なお、カメラ本体上で画像が表示されなくなった場合は、以下の手順で「管理ファイル修復」を実施してください。

MENU→(セットアップ)→[管理ファイル修復]→希望のメモリーカードスロット→[実行]を選ぶ。

その後、撮影される場合は、PC等へデータをバックアップいただき、カメラでメモリーカードをフォーマットしていただくか、新しいメモリーカードをお使いください。

つきましては、12月中旬に上記事象に対応したソフトウェアを提供させていただきます。なお、新しいソフトウェアを提供させていただく準備を進めていますので、現在提供中のアップデート用ソフトウェアについては、提供を中止させていただきます。
その他、α7R IIIにおいて、オートレビュー機能を使用中に撮影を行うと、まれに操作を受け付けなくなる事象についても新しいソフトウェアで対応を予定しています。

ーーーー抜粋おわりーーーー

とのことです。公式発表があり安心しました。

なおこの記事はこの発表が行われる前に作成されたものですので、内容に一部矛盾がある可能性がありますが、ご理解ください。

はじめに

α7III/α7RIIIの不具合問題について、私がTwitterで不確かな情報を拡散した事により結果的に不安を煽るような形になってしまった事は事実だと思います。不快に感じた方に対し謝罪いたします。申し訳ありませんでした。

曖昧な不具合情報が広まることによりα7シリーズの悪評が広まる事は私にとっても本意ではありません。この記事では不具合対策など不安を解消するような内容を中心に書きたいと思います。

間違っている部分があれば修正したいですし、有益な情報があれば追記したいと思いますのでTwitterもしくはコメント欄から送ってください。

α7III/α7RIIIの不具合問題とは?

ここでは詳しく書きません。ここを見てもらえばと思います。
ソニーのミラーレス一眼「α7III」「α7RIII」に撮影データが破損する不具合? 相次ぐ報告にソニーは「事実確認中」 – ねとらぼ

以下、見解になります。

SDカードが勝手にフォーマットされる事は無い

(参考)
『勝手にフォーマット』に関する情報をサンセットスタジオのナカモトダイスケ氏からコメント頂きました | ぽんこ趣

YouTuberの方が動画の中で「勝手にフォーマット」されたと言っていましたが、それはSEO対策と問題早期解決のため騒ぎを大きくするためにわざと注目されるキーワードを用いたと話しており、実際にはデータが破損したもののフォーマットされる事はないとのことです。

ただ他にもフォーマットされたと報告している人がいますが、おそらくデータが削除されたことをフォーマットと表現した可能性が高いです。

よって個人的見解としては不具合によりフォーマットされる可能性は限りなく低いと思っています。

SDカードが認識しない原因はSanDiskの一部のロットの問題

(参考)
【その後解決】SONYα7RIII_α7IIIのスロット1はSandisk_ExtremePro(SDSDXXG-128G-GN4IN)では動かない 相性問題

スロット1でSDカードが認識しない報告が多く上がっていますが、その多くはSanDisk製のSDカードです。特にUHS-Iのカードが多いように思われます。Amazonの商品ページのコメント欄にも認識しないなど書いてあります。

調べてみると海外でもそういう問題が報告されており、海外のSanDiskに問い合わせた人によれば一部のロットに不具合がある事を認め返品するよう返答があったようです。

一部ロットの問題のせいで認識はするが後から故障のようなケースの可能性もありますが、それはまだ分かっていません。

SDカードによるトラブルをなるべく回避するための対策

SONYのSDカードが一番安心

SONYのカメラにはSONYのSDカードを使うのが一番安心ですし、万が一問題が起きたとしてもSONYが責任を持って対応してくれると思います。
商品一覧 | 記録メディア | ソニー

SanDiskを選ぶ場合は要注意

全てのSanDiskのカードに問題があるわけではないと思いますが、一部のロットと相性問題があるのは事実ですので、買う際には注意をされた方が良いです。

特に海外流通品や並行輸入品は安く購入出来るのですが、問題が起きた時のサポートが充分でない可能性と偽物が混じっている可能性もありますので、なるべく国内流通品を買うのが良いかと思います。型番の後ろに「JNJIP」とあるのが国内用です。

またUHS-IのSDカードのスロット1で問題が起きた場合でも、スロット2なら動作する場合もあるようです。

スロット1にはUHS-IIを、スロット2にはUHS-Iを

カメラの仕様としてスロット1のみUHS-II対応、スロット2はUHS-I対応となっています。スロット1にUHS-Iを入れたり、スロット2にUHS-IIを入れても互換性により動作すると思いますが、ここはなるべくスロット1にはUHS-IIのSDカードを、スロット2にはUHS-IのSDカードを入れるのが無難ではないかと思っています。

フリーズはデジタルカメラならよく起きる現象

フリーズが起きる報告も多く上がっていますが、頻度はともかくとして他のメーカーのデジタルカメラでも発生します。自分が過去に所有していたデジタル一眼レフカメラでも何度か起きたことがあります。なのでフリーズはα7III/α7RIIIだけの問題ではありません。

フリーズが起きる原因についてはよく分かっていません。バッテリー容量の低下なのか、環境や気温の問題なのか。しかしこれはソニー以外のカメラでも起きる事だと思います。

(追記)SONYの発表でRAW書き込み時にまれに動作が停止する問題があるそうですが、管理ファイルの修復で治るそうです。また12月中旬に更新プログラムで対応予定とこのとです。

管理ファイルが破損する問題

SONYのデジタルカメラはSDカード内に管理ファイルを作成する仕組みになっています。この管理ファイルにはSDカード内のファイル一覧のようなデータが保存されていると思われます。
原因はともかく管理ファイルが破損する現象というのは、ソニーの他のカメラでも報告されており、破損した場合には「修復しますか?といったメッセージが表示されるようです。
それでほとんどの場合は管理ファイルが修復されるのですが、まれに修復がうまくいかずカメラにの写真が見えなくなってしまう場合があるようです。この場合でも写真のファイルが削除されたわけではなく、PCから読み込めば見れる場合が多いとのことです。

管理ファイルが破損する原因として考えられるのは、データの分断やカードの寿命などが考えられます。データ分断は書き込みをするほど起きやすくなると思われますが、特にカメラ内で写真データを削除したりすると起きやすいそうです。PCで読み込ませた時に隠しファイルが作成されてそれが原因になる可能性もあります。
あとはPC側でメモリカード内の画像ファイルを直接削除すると、管理ファイルとの整合性が失われエラーが発生するかと思います。PCに読み込ませた後はすぐカメラ側でフォーマットするのが良いと思います。

(追記)SONY発表の12月の更新プログラムで管理ファイルが破損しにくくなる可能性があります。

その他まれな不具合

レンズが壊れたり、シャッター幕が破損する不具合の報告もあるようですが、かなりまれな症状と思われます。なので気にする必要はないかと思います。

不具合が起きてもSONYが対応してくれる!

SONYに限らずどんなメーカーの製品にも不具合は付き物です。万が一不具合が発生してもSONYが責任を持って対応してくれます。カメラを買って不具合が起きてもお金が全部無駄になるという事はありません。

不具合対策まとめ

SDカードはなるべくSONYのものを使う

SONYのものなら一番相性が良いと思われるのと、万が一問題が起きた時でもSONY内で全て対応してくれるからです。

SDカードの予備を複数枚持っていく

フリーズやエラーが起きた後には管理ファイル破損などの問題が起きる可能性が高いです。そうなった場合に同じカードを使い続けるとさらに問題が大きくなる可能性もありますので、出来れば別な予備のカードに切り替えて撮影を続けるのが良いと考えます。

レンズはなるべくSONY純正を使う

SDカードの件と同様にサードパーティ製レンズが原因による不具合の可能性もあります。なのでSONYの純正レンズを使うのが相性的に一番良いのと、万が一問題が発生した場合でもSONYで全て対応して貰えますし、問題の切り分けがしやすくなる為です。

バッテリーはSONY純正を使い、予備を複数持っていく

社外品のバッテリーは不具合を起こす可能性があるのでなるべくSONY純正を使うのが良いでしょう。またバッテリー容量低下による不具合の可能性もあるので、予備のバッテリーを持ち歩くのが良いと思います。

SDカードの写真データの扱い

カメラ内で写真データを削除するのはSDカードのデータ分断に繋がるので控えましょう。PCにSDカードを読み込ませた後にはカメラ内ですぐフォーマットしましょう。

最後に

集中力が低下してきてだんだん後の方が微妙になりましたが、後で変なところは直したいと思います。ご意見ご要望あればツイッターやコメント欄からどうぞ。

コメント